アイピピメインイメージ アイピピメインイメージ

お知らせ

開発者ブログの目次 Dr.Haneの開発者ブログへ

人民日報の「妊婦用電磁波防護服は効果無し」(2017/07/06)
リンカーンとトランプ (リバタリアン思想について)(2017/06/16)
アルファ碁と人間 (AIとの付き合い方について)(2017/05/31)
新幹線と凧 (放っておける危険と、放っておけない危険)(2017/05/23)
スマートフォンのマニュアルに書かれた電磁波対策 (電磁波は危険?)(2017/04/09)
孤食男の早業料理(1)紅茶 (ミルクが先か紅茶が先か)(2017/03/31)
不妊の原因は男性が半分 (中国出生率1.05の社会的原因)(2017/01/11)
高齢者の交通について (事故対策について)(2016/12/28)
iPhone7のワイヤレスイヤホンマイクairPodsの電磁波 (2016/11/19)
DNAの損傷とがん、そして発達障害 (新たな電磁波障害)(2016/07/28)
電磁波対策方法についての具体的な解説(その2) (電磁波対策)(2016/07/16)
電磁波対策方法についての具体的な解説(その1) (医学的エビデンス)(2016/07/08)
IH調理器の磁界について (調理器の原理と対策)(2016/02/06)
電磁波対策の理論 (3つの方法)(2016/01/12)
電磁波の吸収と反射の原理 (電磁波の波動性と人の関係)(2015/12/26)
スマートフォンの使う電磁波とは (アンテナの働き)(2015/12/25)
WAVESAFEを貼っても手がチリチリするというお問い合わせについて (2015/12/02)
スマートフォンや携帯電話の使う電磁波の周波数について その2 (2015/05/31)
スマートフォンや携帯電話の使う周波数について その1 (2015/05/16)
何故携帯電話の電磁波は頭を経由して基地局へ放射されるのか (2015/04/19)
LED光は本物では無い (各種照明器具のスペクトル分布)(2015/03/26)
電磁波対策の3番手はWavesafeウェーブセーフ (開発について)(2015/03/21)
電磁波を除去する方法を3つ (吸収とシールドとアンテナと)(2015/03/09)
電磁波先進国 (欧州各国と米国ロシアが進んでます)(2015/03/08)
2番手の電磁波対策品はアイ・ピピ (古い形式のアイピピ)(2015/03/08)
テレコムエンジニアリングセンター (第三者による特性の保証)(2015/03/02)
電磁波対策の最初は、心臓ペースメーカー用 (2015/02/28)
携帯電話の電磁波はたまたま人類に都合の悪い周波数だった (2015/02/27)
Dr.Haneの開発者ブログへ

新型アイ・ピピの説明

アイ・ピピと特性図

 アイ・ピピは携帯電話を否定しません。便利なスマホを上手に使いましょう。

 電磁波を吸収するアイピピを開発してから7年経ちました。スマートフォンの普及に伴い、携帯電話用の電磁波の周波数は2.2GHz付近まで拡張されました。これに伴い、基地局との交信や音声通話時の周波数は伝搬特性が良い800MHz~1GHzの帯域を主としたものから、使用者数の増加に伴い高い周波数域が利用されます。
 このため、アイ・ピピには800MHz付近の通話帯域から2.2GHzのLTE帯域まで、広い帯域の電磁波に対して、100分の1 (-20dBm)の減衰特性が要求されることになりました。 旧型がドコモ・AU用とソフトバンク用に周波数特性を使い分けることで、銅箔の打ち抜きだけでこの要求を満足できたのに対して、新型は1枚で800MHz~2.2GHz以上の広い帯域幅で減衰特性を満たすために、大幅なコストアップとなるクローバー型アンテナの給電点に終端抵抗を接続し、4つのアンテナをアレイ配置する構造としました。
 新しいアイ・ピピも身体に密着した条件で使うため、近傍界条件で設計しました。これは電磁波の振る舞いが、身体に密着した状態では単純な空間中とは違うからです。さらに、アンテナが4つのアレイ構造に対してシミュレーションは能力不足で解き切れないため、これまでのアンテナ開発の経験を注ぎ込み、実測を主にして開発をしました。その構造と特性が上の写真です。